2014 J1昇格プレーオフ「千葉×山形」を観戦!

2014 J1昇格プレーオフ決勝
「千葉×山形」を味スタで観戦した。


国立競技場改修で、今年の舞台は味スタ


気温8.8度、晴れという最高のコンディション


試合前の盛り上げVTR


今年もやってきた感


「3位・千葉」VS「6位・山形」


試合前の千葉側ゴール裏


大分側ゴール裏


選手入場


写真撮影


円陣を組んで


それぞれJ1昇格を誓う


夢と絶望の90分がキックオフ そして試合の結果…


山形が1-0で勝利 夢叶えた山形と絶望の千葉


今年も起こった下剋上


J1への切符を手に入れた選手たち


というかチーム全員で手に入れたJ1切符


いやいやJ1昇格は、ファンの力があってこそ


おめでとう!モンテディオ山形!4年ぶりのJ1へ!

3年連続で、J1昇格プレーオフ決勝を観戦した。

去年までは、この90分で
J1かJ2かっていう運命が決まる、
年に一度の試合を他人事として楽しんでたけど、
今年は、前日にその緊張感を味わってて。

応援する清水が、もし昨日の試合で負けて、
J2に降格してたら、
今日の試合はどんな複雑な思いで観てたんだろうと。

きっとJ2とはどんなものか、
来年の予習をする気持ちで見てたはずで。

J1へようこそなのか、
これからJ2でよろしくなのかでは、
観てる気持ちがまったく違うわけで。

ホント、残留できてよかったと思った。

という個人的な気持ちはさておき、
試合は、山形の素晴らしいハードワークで、
思い描いた通りの勝利だったんじゃないかと思う。

とにかくボールを持った相手に、
素早く寄せていって、自由にさせない。
千葉のパスの精度は下がり、
山形がボールを奪うシーンもたびたびあった。

ボールを奪ったからといって、
山形は0-0だと敗退が決まるのに、
前半からリスクを冒さない攻撃の姿勢で。

攻撃の人数をかけすぎなかったり、
セットプレーでは全員が自陣で守備して、
とにかく点をとられないようにしてた。

で、ボールを奪われたら、
またすぐ囲んで奪う。

さらに素晴らしかったのが、
90分間、全体をコンパクトに保ち続けてたこと。

終盤にリードしていて、
最終ラインが下がってもおかしくないのに、
かなり高い位置を保っていた。

その証拠に、最後の方で2度くらい、
ハーフウェイライン近くで、
オフサイドをとっていた。

それだけ最終ラインを高く保ってたわけで、
全体がコンパクトになっていて、
だからセカンドボールを拾えてたし、
ピンチになる場面が少なかったと思う。

こうして千葉は、完全に封じられていた。
90分間、あまり好きにさせてもらえなかった。

というわけで、来年は山形がJ1の舞台へ。

山形がJ1で通用するかは分からない。
ただ、これまで毎年見てきた中で、
過去にJ1昇格を決めた大分、徳島よりも、
可能性を感じさせてくれた。

大分と徳島は、
ただ引いてワンチャンスにかける、
消極的な守備で勝ち上がった印象だった。

山形は、コンパクトで素早く寄せる守備。
甲府のような感じで、
J1のクラブでも厄介な存在になるかもしれない。

早くも今度の土曜、
ガチのガンバ大阪との天皇杯決勝で、
あの90分プレスがどこまで通用するか分かりそう。

そこでプレスをいなされて、
高いラインの裏をとられてやられたら…
来シーズン、苦しむ可能性はあるけれど。

まあJ1チャンピオンのガンバに
通用しなかったところで、
J1で通用しないかというと違うけど。

そして、ジェフの封じられっぷりを見て、
J2は甘くないっていうことを感じた。
今年の清水なら、きっと山形に封じられる。

J2は怖い。
絶対に落ちちゃダメだと思った。

「2014 J1昇格プレーオフ「千葉×山形」を観戦!」への2件のフィードバック

  1. むらじゅん

    観戦記ありがとう!

    当日はいけなくて残念でした。

    清水は来年もJ1なので、川崎線は一緒に観戦したいね。

  2. >むらじゅんくん
    こちらこそ、チケットどうも。
    一緒に行きたかったね!
    川崎戦ぜひ!等々力の新メインスタンドと、
    きっと広くなってるコンコースを楽しみにしてるよ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。