台湾で買ったお菓子[4] 科学麺

台湾で買ったお菓子を紹介。

科学麺

昨日紹介した小王子麺とともに買った、
同じような麺のお菓子「科学麺」。

これもベビースターの台湾版って言われたりして、
ベビースターラーメンの発売が1959年、
昨日の小王子麺の発売が1970年代、
この科学麺もどうやら1970年代の発売。

科学っていう名前は、
発売当時に「科学」が流行ってたからだとか。

今回買ったのは小さいパッケージだけど、
袋のインスタントラーメンと同じ、
四角くて大きな塊のものもあるみたいで、
それは砕いて、粉のスープと混ぜるらしい。

本来はインスタントラーメンとして発売されたのが、
そういう食べ方になっちゃったとかいう話も。

で、味は小王子麺と同じように、
塩ラーメンに近い味。
万能ねぎみたいなのも入ってる。

小王子麺と比べてみると…

見た目はあまり変わらない。
実際に見てみると、右の科学麺の方が、
少しだけ白く見えるかなという。

科学麺は、小王子麺より薄めの味で、
でもねぎの香りが小王子麺より強め。

小王子麺はお菓子っぽいけど、
科学麺の方はインスタントラーメンっぽいというか。

お菓子としての美味しさを追求する以上に、
ラーメンの乾麺と粉を混ぜた感じが、
よりダイレクトに伝わってくる。

あと麺の大きさは小王子より、
気持ち細かいかなという感じ。
いや、ほとんど変わらないかな。

どっちも美味しいけど、
僕は科学麺の方が好きかもしれない。

インスタントラーメン感が強くて、
ベビースターとは違うものを食べた感が、
より強く感じられたからってだけだけど。

小王子麺に加えて科学麺も、
ばらまき土産にピッタリだと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。