台湾で買ったお菓子[5] うまい玉米棒

台湾で買ったお菓子を紹介。

うまい玉米棒(30本入り139台湾ドル)
※日本円で約540円、1本あたり約18円

商品名は「うまい玉米棒」ってあるけど、
日本のやおきんが、日本で製造して、
台湾で販売してる“本物”のうまい棒。

ただ、日本から輸出してるからか、
うまい棒らしく1本10円とはいかず、
1本あたり18円と若干高め。

そして、見慣れないピンクのパッケージ。
そして、味が書いてない。

店ではこれしか売ってなくて、
他の味があるのかは不明。
(ネットで探しても出てこなかった)

一体何の味なのか!?

食べてみると…コーンポタージュ味!

なぜ台湾でコンポタが
チョイスされたのかは分からないけど、
日本のうまい棒コーンポタージュ味とほぼ同じ味。

ただ、日本で売ってるうまい棒の
コーンポタージュ味と食べ比べてみると、
台湾で売ってるものの方が、若干味が濃い。
ごくわずかな差だけど、濃かった。

濃厚さは、30円で売ってる袋の駄菓子の、
「コーンポタージュ」みたいな感じかも。

で、濃いとは言っても、
魔法の粉を振りかけたような、
イヤな濃さがあるわけじゃなく、
「濃厚」っていえるような濃さ。

日本の方は安定のコンポタ味で、
あっさりした、しつこくない軽さがあって、
こっちはこっちで美味しいけれど。

ちなみに長さは…

という感じで、台湾版の方が若干短い。
個体差なのかもしれないけど、若干。

色や表面についてるパセリ?の量は、
ほぼ同じだけど、長さだけわずかに違ってた。

どっちも良さがあって、
美味しかった、日本版と台湾版。

台湾版を逆輸入したら、
これはこれで、人気になると思う。

ホント、ごくごくわずかな違いだけども。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。