95歳の大往生

今日、父方のおばあちゃんが他界した。
95歳の大往生だった。

足腰が弱ってるくらいで、
病気をしたわけじゃなく、
静かに息を引き取ったという。

いわゆる老衰だった。

おばあちゃんは、長男の家族と暮らしてて、
前は僕の実家から100mくらいの場所に家があった。

僕は子どものころ、
おばあちゃんの家へ行っては、
一緒におはじきしたり、お手玉したりして遊んでた。

おばあちゃんの部屋は2階にあるんだけど、
僕が家に帰るときには、
玄関まで降りてきて見送ってくれた。

で、僕が家へ帰る道で、
おばあちゃんの家の2階を見ると、
必ず、おばあちゃんが窓からこっちを見ていた。
僕が手を振ると、手を振りかえしてくれた。
僕の姿が見えなくなるまで、ずっと見守ってくれていた。

僕が最後に会ったのは、
今年の正月、1月3日。

このころには、もういつ亡くなっても
おかしくない状態だったらしいけど、
新年のあいさつに行くと、
おばあちゃんは風邪をひいてたにもかかわらず、
元気にあいさつをして、
「いつ来ただ?」「いつ帰るだね?」など、
僕の名前をハッキリと呼びながら話していた。

「また来るね」と僕が言って、
「ああ、またね」とおばあちゃんが言って、
玄関まで見送りに来てくれた。

最後まで、おばあちゃんだった。

そのあと風邪が治ったおばあちゃんは、
亡くなる2日前には、
美容室へ行って髪を整えたという。

息を引き取るちょっと前には、
部屋のトイレで用を足してから、
布団に入ったらしい。

そうして眠りにつくと、
ずっとずっとの眠りに入った。

いつも僕を見送ってくれた、おばあちゃん。

今度は初めて、僕が見送ることになる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。