相対的

世の中は相対的。

その場に自分より頼れる人がいれば、
その人に頼ってしまう人は多い。

その場に自分より頼れない人ばかりなら、
自分がなんとかしようとすることが多い。

自分が誰よりも頼れる人でいられたら、
人は自分を使ってくれることが増える。

そして絶対的に頼ってもらえる人になれば、
誰からも、相対的に頼ってもらえる人になれる。

しっかりしてる、でもいい。

ダメな人が多い業界で、
生き残るために大切なことだと思う。

それだけ面倒なことも頼まれるようになるから、
仕事量が無駄に増えて、
疲れることもあるけれど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。