人は流されるから

人は、流される。

川で流されてないつもりでも、
いつの間にか、下流の方へと流れてく。

だから流されないよう意識する。
意識して、踏ん張って、その場にとどまる。

流されることは無意識に起こっても、
流されないよういることは、
無意識のものになることはない。

だから、いつも意識する。

手を抜いたり、適当でいいやとか、
たいした仕事じゃないからとか、
何かと言い訳をしてラクにこなそうとする、
周りの雰囲気に流されないよう、意識する。

それと、例えば仕事があっちもこっちもあって、
忙しくてしんどいとき、
「他の仕事もありまして」とか言いそうになったり、
あれもこれも頼んでくる人にイラッとしたりと、
余裕がなくなった瞬間に、
人のせいにする自分がいることがある。

そんなときも、冷静になる。

自分がやると言って始めた仕事で、
普段は楽しんでやってる仕事のはずで、
責任を持って全力を注ぐことが、
当たり前のはずなのにって、
普段の気持ち、最初の気持ちを思い出す。

足がつくような浅い川なのに、
バタバタしてるから溺れちゃうわけで、
冷静になれば、普通に立っていられる。

自分に流されないよう、意識する。

人には感情の波があるわけで、
それは外からも、内からも起こるもので、
流されないようにするのは難しい。

だから流されそうになったとき、
流されないよう意識する。

そしてこういったことを定期的に書くことで、
意識するってことを、意識する。

低いところへは自然と流れていくけど、
高いところへは流れていかないわけで。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。