2015 ナビスコ杯第2節 連係はまだまだ

Jリーグヤマザキナビスコカップ、
グループリーグ第2節、
清水はアウェイで横浜FMに0-2で敗れた。

基本的にリーグ戦のスタメンでありつつ、
初めてスタメンに2人の外国人を起用し、
今週加入した左サイドバック・福村を試すなど、
連係を深める狙いが濃かった試合。

前半はチャンスを多く作ったものの、
後半失速して、ミスの目立つ試合で敗れた。

外国人との連係は
まだまだという印象の試合だった。

2人とも能力は確かに高そうで、
特にウタカのボールさばきは見事。

ただ、お互いの特徴がまだつかめてないのか、
外国人2人がチームの動きができてないからか、
全体がぎこちなく見えた。

合ってないからチャンスで決めきれないし、
合ってないからミスも出る。
パスがズレるし、動きも遅れる。
特に後半みたいにうまくいかなくなると、
ズレや遅れはどんどん大きくなる。

フィットして、2人が本来の能力を発揮するまで、
もうちょっとかかるんだろうなぁと思った。

つまり2人を出したときは、
チーム本来の能力も発揮できないわけで、
どれだけ早くフィットさせられるかが、
これからの清水の浮き沈みを握るんじゃないかと。

そんな中で福村は、日本人だからか、
2人より早く馴染めそうな感じ。

左利きで、足元の技術があって、
サイドバックの動きができるから、
チームにとってかなりプラスになるかも。

ただここも早く連係を深めないと、
福村サイドにプレッシャーをかけられたとき、
福村が確かな技術でボールを出しても、
ボールの受け手との意図が合わずに、
深い位置でボールを奪われて、
一気にピンチを招くシーンが訪れかねない。

でも、今の清水に足りなかったものを
きっちり補う、いい補強だと思った。

次はリーグ戦、仙台とのアウェイゲーム。

このナビスコ杯の試合が
無駄じゃなかったと思えるような、
連係のアップを見せてほしいと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。