6年半ぶりのつくば

仕事の打ち合わせで、つくばへ。

つくばに4年住んでたのは、
1998年から2002年まで。

駅ができてから、つくばへは
2度3度行ったことがあるとはいえ、
前回行ったのが6年半前だから、
テンション上がって、30分先乗りしてぶらり。

打ち合わせ先は大学じゃなく、
逆方向の施設だったから、
エキスポセンターのあたりまでぐるり。

ぐるりしたら、時間がなくなって、
ぶらりじゃなく、小走りになって、
最後は汗だくになって、ポカポカ具合にイラッとしてた。

僕がいたころは、
つくばエクスプレスが通ってなく、
東京へ出るには高速バスだったから、
つくばの中心地は、
駅じゃなくバスターミナルだった。

バスターミナルに、
SEIBUが入った「クレオ」っていう、
謎のショッピング施設が駅ビル的存在で。

エキスポセンターのロケットは、
静岡県民にとっての富士山と同じように、
特になんともない見慣れた存在として、
ペデ(ペデストリアン)を通るとき、
特に見るでもなく、そこにあるものだったわけで。

こうやって改めて見ると、
クレオを見たらつくばな感じがして、
ロケットの存在感に圧倒されたりして。

いろんな景色が変わってて、
駅から出た瞬間、北も南も分からなかったけど、
ふと変わらない景色を見たら、
故郷に帰ってきた気分で、すごく癒された。

今度行くときは、春4へ行かねば。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。