台湾で買ったお菓子[20] 香鐵蛋 原味

台湾で買ったお菓子。

香鐵蛋 原味<7粒35グラム>

機械翻訳では「良い香りの鉄の卵」。

うずらの卵の燻製で、
台北県の淡水地方の名産品なんだとか。
その原味、つまり普通のプレーン味。

成分を見ると、醤油や香辛料などが入ってる。

台湾のコンビニでは、
鶏の卵が烏龍茶や香辛料などに浸かってる、
台湾の国民食「茶葉蛋」が売られてるんだけど、
それの小さいバージョンといえるかもしれない。

※参考:台北のセブンで売られてた茶葉蛋

で、食べた。

食感は、卵を固くした、ゴムみたいな感じ。
「鉄の卵」は「鉄みたいに固い」って意味で、
この食感を表してるらしく。

鉄みたいにって大げさだけど、
もちろんゆでた卵よりは固い。

味は、まさに茶葉蛋のちっちゃい版で、
八角とか香りが大丈夫なら、美味しいと思う。
得体の知れない見た目で、
ちょっと構えて食べちゃうけど、なかなか美味しい。

甘めのしょうゆ味と八角の香りで、
台湾のコンビニを思い出した。

おやつで何個も食べると、
卵の連続にちょっと飽きるけど、
おつまみなら、ちょうどいいと思う。

実際、ビールとともに食べたら、合った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。