熱帯食堂のタイ風ココナッツカレーうどん

タイフェスで買ったタイカレー。

熱帯食堂のタイ風ココナッツカレーうどん<320g>
(熱帯食堂/タイフェス購入価格税込500円)
※一般の販売価格は税込540円。

美味しさ度 ★★★★★
タイ風味度 ★★★☆☆
舌ヒリリ度 ★★☆☆☆
汗にじみ度 ★★☆☆☆
クセある度 ★☆☆☆☆

タイフェスで、ワイワイと賑わってた
ガラポン抽選会の横で、ひっそりと売られてた、
レトルトパウチ入りのタイフード。

抽選会の景品としても、
用意されてたものっぽいんだけど、
それが同時に、販売されていた。

この商品、大阪にあるタイ料理などの専門店
「熱帯食堂」が、自らの店で出している人気メニュー
「カオソーイうどん」のレトルト版なんだとか。

つい最近、5月中旬に発売されたものみたいで、
食品メーカーが展開してるわけじゃなく、
今のところ、店舗と通販でしか販売してないかもしれない。
タイフェスだからこそ買えた感じ。

「カオソーイ」っていうのは、
チェンマイなどのタイ北部や、
ラオス北部で食べられている麺料理らしい。

タイとラオスでは同じカオソーイでも作り方が違うらしく、
タイではココナッツミルク入りのカレースープに、
揚げた卵麺を入れて食べるんだとか。

パッケージ裏には…

こんな感じで説明されてる。

ただ、揚げた卵麺なんてものはないし、
うどんに合うよう作られてるらしいので、
だったらばと、日本のシマダヤのうどんで食べた。

ジャパンスタイルにしたカオソーイの味は…

おおお!美味しい!

別に、なかなか手に入らないものは
何でもほめちゃうみたいな、ありがちな心理じゃなく、
これまで食べたタイ関係のレトルト食品と比べても、
トップランクの美味しさだと思った。

イエローカレーとマッサマンカレーを
足して2で割った味というか。
でもレッドカレーペーストが入ってるから、
レッドカレーといえばレッドカレーに近いかも。
それにココナッツミルクが濃厚で、味わいが深い。

普通のカレーうどんでも、
ココナッツミルクを入れたら美味しいかもと、
単純な発想が浮かんじゃうくらいの美味しさ。

僕はタイ食材が好きってのもあるから、
普通のカレーうどんより、断然こっちの方が好き。

辛さは、辛いものが苦手な僕が、
いい感じで辛いと思えるくらいのレベル。
辛いもの好きには物足りないかもしれないけど、
僕は好感が持てる、ほど良い辛さ。

具は、牛肉、じゃがいも、玉ねぎがメイン。
具も大きくて良かった。

で、美味しかったから、
スープをある程度残して、コンビニへダッシュ!

というのも…

アレンジでおすすめされてる、
中華めんを急いで買ってきた。

そして…

まさかの、うどんから中華めんへの替え玉。

普段、1杯分食べれば満腹だけども、
無理してでも、食べたくなった。

ラーメンにしても、美味しい!

ココナッツミルクや、粉末がらスープが入ってるからか、
うま味があって、濃厚な味が麺によく合う。
味は全然違うけど、とんこつしょうゆみたいな感覚。

つけ麺的に食べてもいいかもしれない。
味が濃い(しょっぱいわけじゃない)から。

というわけで、久しぶりに
かなり美味しいレトルトタイカレーを食べたので、
書く内容が長くなっちゃいました。

タイカレー好きの人は、
うまいこと見つけて、食べてみるといいかと。

税込540円と、ちょっとお高めでも、
それだけの価値があると、僕は思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。