旋律と、洗濯物と。

仕事と睡眠が四分音符と十六分休符で
繰り返される、単調な旋律。

という、できる人ぶりたい人っぽい
言い回しをしちゃうくらい、
判断能力が落ちてるタイヤード。

さらに、プライベートの
2分休符や全休符を五線に置くため、

まるで部屋に散らかった洗濯済みの服を、
部屋の隅へと寄せるように時間を作る。
そして別の時間に洗濯物をたたんで片付ける。

明日はまた、洗濯物が増えている。
単調な旋律が繰り返される。

洗濯物の匂いも、
その旋律も好きではあるけれど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。