中国で買ったお菓子[40] 矶烧魚皮 原味

中国・北京のスーパーで買ったお菓子。

矶烧魚皮 原味(东莞市润达食品有限公司)

「原味」は自動翻訳でオリジナル味だけど、
プレーン味というか、うす塩味というか、
ほとんど味付けなしというか。

で、まさに魚皮。

「龙利魚(龍利魚)」という、
シタビラメの仲間?の皮らしい。

皮を油で揚げたものを食べてる、
もうそのままの味。
味は薄く塩味なだけ。

煮干しの皮だけを食べてる感じというか。
そして、煮干しと違うのが、
脂っこさがねっとりと口に残ること。

うなぎの骨を揚げたものに似てるかもしれない。
静岡名物、うなぎボーン。

僕はうなぎボーンも苦手だから、
魚皮もきつかったけど、
うなぎボーンファンはいっぱいいるから、
魚皮も好きな人は好きなのかなと。

あと「自然派」と書かれていて、
体に悪くない感を出してるっぽいけど、
中国だから…とどうしても考えちゃう。

体にいいのか、どうなのか…。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。