「痛い年」に

あけましておめでとうございます。
2016年もよろしくお願いします。

今年は「痛い年」にしたいなと。

昔は自信過剰で、痛かった。
それが、控えめな僕にとっては良いことで、
引っ込みがちなところを前へ前へ行けて、
トークも自信を持ってできて、
自信がある余裕から、発想も浮かびやすかった。

自信があるから、やりたいことにのめり込めて、
のめり込むから、新しいことを覚えられた。

力を発揮するうえで、成長するうえで、
自信が、自分の能力を上回った方がいいんだと思う

そして「自信」っていうのは、
夢や目標を膨らませるための「空気」だと思う。
自信がたくさんあると、夢が目標が大きく膨らむ。

30代後半で落ち着きがちな今だからこそ、
もっと伸びるため、痛くありたいと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。