仕事がポンポンポップコーン

仕事量がポップコーンのように、
次々と膨らんで増えて、
土日もフルに働いても、時間が足りてない状態。

僕が1人分足りないか、
僕の能力が足りない。

僕はありがたいことに、
仕事を一緒にやってる人たちに、
強く叱ってもらえている。

それは仕事ができてないからで、
叱られて自信を失うわけだけど、
他で褒められたとき、
少しずつでも成長を感じる。

「この仕事、適当にやってるだろ。
 全部が中途半端になると、すぐ仕事失うよ」

全然そんなつもりがないからこそ、
そう言われることがありがたい。

能力が足りないのに、
無謀にも仕事を増やしてるのがいけなくて、
クオリティが落ちてる証拠。

仕事をたくさんやるからこそ、
危機感がとんでもなく大きい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。