当たり前のことを声高に叫ぶ大切さ

新たな仕事も、これまでやってきた仕事も、
お金になる仕事も、お金にならない仕事も、
どれも同じだけ力を入れてるつもりだけど、

どうしても自然と順位付けして、
力の入り方が変わってしまう。

だから、どんな仕事も同じように、
すべて力を込めてがんばろうと、改めて思う。

そういう何てことない当たり前のことも、
こうしてたまに書いたりして、
頭の入り口に呼び出さないと、
忘れて傲慢になっていく。

周りから見れば、
あの人は変わったね、となる。

同じような内容の自己啓発本を、
何冊も読んじゃうことにも意味がある。

同じ問題集を何度も解くことで、
勉強ができるようになっていく。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。