2016 J2 第12節 見ているのが苦痛だった

J2第12節、清水はアウェーで
岐阜と対戦し、1-1で引き分けた。

とにかく冴えない試合で、
今シーズン最低ともいえるつまらなさ。

90分間が苦痛でしかなかった。

つまらないから、試合がやたらと長く感じた。

本来なら後半、同点で試合が進んでいて、
昇格のため勝ち点3がほしい清水を応援していれば、
追加点を奪う時間は少しでも長くほしいから、
なるべく時間が経ってほしくない、
なのに時間が早く過ぎていく!という感じのはずなのに、
退屈過ぎて、まだ終わんないのかと思ってしまった。

こういうパフォーマンスを見せ続けたら、
試合を観にスタジアムへ足を運ぶ人は減る。

J2の低いレベルで戦ってる感じだった。

スターティングメンバーを
4人入れ替えて臨んだ試合だった。

シーズンインから10試合以上を戦い、
3連戦の最後の試合で疲れがたまっていること、
あと前節敗れているというのもあって、
メンバーを入れ替えるのは分かる。

たぶん練習でもいい動きをしていて、
やれると判断して送り込まれた4人だったとは思う。

ただ、選手同士の連係がすごく悪くなっていた。

ボールを持った選手に対して、
周りの動きが遅れたり、ただ離れるだけだから、
ボールを持ったら勝負するか、
苦し紛れに縦へ蹴り出すしかなく、
結局ボールが相手にひっかかったり、奪われる。

動きが悪くて判断が遅れるから、
選手はボールを持ったあとに考えてしまって、
相手にかっさらわれるシーンも多かった。

本来の能力以下のプレーしか出せていなかった。
だからか、個でも上回れた感じがしなかったし、
フィジカルの弱さが際立っちゃっていた。

こんなレベルの試合も、
シーズン中にはあると思うけど、
これを続けちゃいけない。

フリーキックが直接決まって、
初めてセットプレーの得点が入ったことだけが、
ポジティブな材料だった。

でも、その程度でポジティブになれるはずもなく。

あえて言うなら、
この試合をホームで見せなかったことが、
何よりも良かったことだったのかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。