Ingressのイベントに遭遇ラン

昨日16:47から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:6.24km
走行時間:31分15秒
平均速度:12.0km/h
平均ペース:5分00秒/km

日本で未配信の「ポケモンGO」が
アメリカなどで社会現象になっている中、

昨日は、お台場を中心とした都内で
そのもととなっている位置情報ゲーム
「Ingress」のバトルイベントがあった。

1万人(主催者発表)を集めたイベントで、
僕が普段走ってる隅田川沿いも、
ポータル(地点というか)を奪う戦いの舞台に。

僕もエージェント(プレイヤー)なんだけど、
リアルとつながるのが怖いから、
イベントとかコミュニティには参加しない派で、
どんな感じになってるのかだけ、
隅田川沿いを走りながらチェックした。

隅田川沿いには、石碑とかオブジェとかが、
勝敗のカギを握る“ポータル”になっていて、
あちこちでエージェントの群れがスマホを凝視。

Ingressのイベントでは、
チームを組んで戦う方が優位に進められるから、
数人から十数人の人が固まって行動。

首に青の公式タオルを首に巻いた人、
青の公式リストバンドをした人などが、
軍団でスマホを見ているから、
知らない人にとってみたら異様な光景。

今、ニュースでは、
海外の「ポケモンGO」現象を
異様なものとして見ているけど、
日本でもすでに、同じような光景があった。

ちなみに「ポケモンGO」で歩くからと、
ダイエットになるかは、人それぞれ。

なぜなら、Ingressで歩いている人たちは、
太っている人がやけに多かったから!

Ingressをやっているのが、
コアゲーマーが多いというのもありそうだけど、
歩けばやせることだけを見て、
食べ過ぎれば太ることを無視しちゃいけない。

走ってる自分が偉いとかじゃなく。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。