2016 J2 第26節 個で勝てたのもひとつの成長

J2第26節、清水はホームで
岐阜と対戦し、2-0で勝利。

全体的にコンビネーションが合わず、
それほどいいところなく試合が進む中、
テセの個の力が光る2ゴールで粉砕。

自動昇格圏・松本との勝ち点差を7に縮めた。

三浦弦太の体調不良、川口の出場停止で、
ディフェンスラインが2人入れ替わったから、
チーム全体のテンポは悪くなっていた。

それは仕方ないことで、
そんな中でもきっちり勝てただけで今日は十分。

強さってそういうものだと思う。

たぶんシーズンが始まったころなら、
どんどんリズムを悪くして、
個の力が発揮できる環境にならなかったと思う。

前節の劇的な再逆転勝利もそうだけど、
悪いながら勝ってしまうのは、
ひとつの成長といえるんじゃないかと。

ただ、次は首位・札幌戦。

J2で今、頭ひとつ抜けている札幌だけど、
自動昇格を狙うならもちろん
勝たなきゃならない相手。

プレーオフ圏内に収まりつつある今、
視線の先にあるのは、勝ち点差7の自動昇格圏内。

その遥か上にいる相手に、
勝ち点1でいいという考えもあるけれど、
今のチームなら勝ち点3を積み上げてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。