日本を応援するだけじゃないオリンピックの面白さ

昨日の夜、オリンピック中継をつけていたら、
ある卓球の女子選手にクギ付けになった。

それは、ルクセンブルク代表の
ニー・シャーリエン(倪夏蓮)選手。

女子シングルス3回戦の試合、
世界ランキング4位でロンドン五輪銅の相手に、
ゲームカウント2-4で敗れたわけだけど、

この試合を見た人は、
日本人選手を応援するだけじゃない、
オリンピックの楽しさを感じたと思う。

何が楽しかったかというと、
この選手の佇まいやら何やらすべて。

その特徴は…

・年齢53歳の中国からの帰化選手

・解説者の人と同じ時期にプレーしていた

・見た目はぽっちゃりした中国人で
 卓球クラブのおばちゃんっぽい

・元中国代表で世界制覇経験を持ち
 元世界ランク8位

・プレイスタイルは、あまり動かない
 合気道の達人かのよう

・左利きのペンホルダーで
 裏面に粒型ラバーを貼っているタイプ

・基本的に体の前で打つスタイル

・大きく振られると取れないけれど
 届く範囲は動かずに軽々と返していく

・サーブはやわらかい表面のラバーで打ち、
 ラリーではクルッと裏返して固めの粒ラバーで打つ
 そしてスマッシュはまたクルッと裏返して
 やわらかい表面ラバーで打つ

・乙女のようなガッツポーズをする

・乙女のようにピョンピョンはねて
 喜んだり悔しがったりする

・相手の球が台のエッジに当たって入ったとき
 「入ってるよ」と自己申告して
 相手の得点になることを告げる

・コーチは卓球愛好家の夫で
 プレーをただただ見守る

・敗退後もニコニコと楽しそう

オリンピックは勝つためにあると思う。

でも、たとえ勝てなくても、
こうした素晴らしい光景がある。

オリンピックって、おもしろい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。