柔道とJUDO

指導で勝敗が決まる「JUDO」は、
つまらない競技に成り下がってる。

ズルくやれば勝てる。
指導をもらって逃げれば勝てる。

そういった競技になることで、
見てる側は楽しくないから、
柔道が「4年に1度のスポーツ」でしかなくなる。

そんな中、金をとった大野をはじめ、
日本の柔道選手のJUDOは、
本来の柔道の戦い方で美しくて強い。

「道」であるという精神性を大事にすることで、
JUDOとしてなかなか勝てなくなったことが
あったと思う。

大野の金メダルは、
「JUDO」としての金メダルであり、
「柔道」としての金メダルだったと思う。

おもしろかった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。