リオ五輪 ポエム実況の件

リオ五輪、日テレアナウンサーが、
レスリング・吉田沙保里の試合の中継で、
ポエムをさく裂させた件。

またやったんだなという感じ。
日テレの悪いクセが出た。

駅伝とプロ野球で培ってきた、
資料読みや感動を演出する実況は、
目まぐるしく状況が変わるスポーツや、
そのコンテンツにすでに力がある大会で、
これまでも耳障りになっていた。

視聴率を上げるために、
スポーツを盛り上げようとする工夫が、
すでに盛り上がっているスポーツでは、
邪魔でしかない。

例えば箱根駅伝のように、
そもそもドラマを楽しみにして見てるものは、
資料読みが、楽しく見るための要素になる。

あと駅伝やマラソンもそうだし、
そこに出ている選手を知らなかったり、
なんとなく見続ける時間があるスポーツは、
増田明美小ネタ解説のように、情報は楽しい。

でも吉田沙保里選手の場合、
それが特にオリンピックという舞台では、
視聴者は数分間の試合を集中して見ていて、
そこへかける思いも伝わってきていて、
すでに感情移入している。

そこへ感情を動かそうとする資料読みが入ると、
すでに感情移入している視聴者は、
感情を誘導されている気分になる。

伝える言葉の選び方と、
言葉の量というのは、そもそも難しい。

ただ、今回のは方針の問題。
余計なことをやめるのはできる。

時と場合によって、変わってほしいと思う。

と同時に、オリンピックでは
各局アナウンサーをシャッフルしてる中で、
日テレアナの中継が、地上波では
日テレで放送されて良かったなと思った。

他局がとばっちりを受けず済んで良かった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。