2016 J2 第40節 残り2試合・勝ち点差3

J2第40節、清水はアウェイで
讃岐と対戦し、2-1で勝利した。

スッキリしない勝ちだったけれど、
中2日の四国へのアウェイ戦に
どうにか勝つことができて7連勝。

2位の松本が勝ったものの、
1位の札幌が敗れたことで、
札幌・松本ともに勝ち点差3になった。

J2の自動昇格争いが大混戦になってきた。

3位・清水が全力で追いかけ、
2位・松本が全力で逃げていたら、
いつの間にか1位・札幌が目の前にいた。

松本は16戦負けなし、
清水はその16戦で13勝1分2敗。
そして札幌は、ここ5試合で1勝1分3敗。

残り2試合で清水が連勝し、
どちらかが1敗か2分以上なら、
逆転の自動昇格になる。

なんにしても、清水は2連勝しかなさそうだけど、
チャンスは確実に広がった。

今日の試合は、2-0になったところで、
緩んだように見えた。

それは中2日という日程だったことに加えて、
テセが得点したことで、
テセ・大前の連続アベックゴール記録が
6に伸びる可能性が出てきたのも
関係しているかもしれない。

周りは大前に気を遣い、
逆に大前は記録よりチームだと周りに気を遣い、
全体のバランスがおかしくなったのかもしれない。

監督も、いつもなら後半途中で
大前に代えて金子を投入するところを、
大前を残し続けたことで、
選手たちは「大前に点をとらせる」という意識が
強まってしまったようにも思う。

相手が京都や岡山だったらば、
もうちょっと気を引き締めてた気がするけど、
ちょっと油断した部分もあったんじゃないだろうか。

その結果、バランスを崩したんだと思う。

危なげなく勝てるはずの試合で、
最後はあたふたしたのは良くなかった。

次のリーグ戦は、次の土曜日の岡山戦。

この試合、13時からの札幌の試合が終わり、
14時からの松本の前半が終わったあと、
15時キックオフの試合。

他会場がどんな結果になったとしても、
これまでとはメンタルが微妙に変わる。

今日みたいな中途半端なメンタルで臨むことなく、
勝利を収めてくれるんじゃないかと思う。

ちなみにその岡山戦の前に、
天皇杯・ガンバ大阪戦がある。

今日の試合とも、岡山戦とも中2日なので、
ここは11人総とっかえで臨むはず。
紅白戦で今のスタメン組と戦っているメンバーが、
出場することになると思う。

スタメン組よりいい場合もあるみたいだし、
その良さをガンバにもぶつければ、
もしかすると、もしかするんじゃないかと、
勝ち続けている今を見てると、思えたりする。

…という最高すぎる結末を思い描きつつ、
ガチのガンバと戦えるサブ組が、
モチベーション高く終盤を戦えていることが、
一番のメリットなんじゃないかと、現実的には思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。