8年ぶり3度目のカンピロバクター食中毒(たぶん)

朝、徹夜仕事を終えて自宅へ。

寒気がひどく、意識朦朧、
体の節々が痛んで、座ってるのもつらい。

体温を計ると37.8℃と、
そこまで高くはないけれど、
明らかに、何らかの体調不良。

そして徐々にお腹がゴボゴボ。
排水溝を水が一気に通るような、
聞いたことのない消化音。

食欲がなくてあまり食べてないから、
出すものがなくてあまり便意がないけど、
出るときは下痢。

吐き気はない。

そして何よりつらいのが頭痛。
起きてることができない。
横にならないとおかしくなりそうな痛さ。

もう、何が起きてるかは分かった。
8年前の苦しみと同じだから。

それは、急性腸炎。
つまり食中毒。

種類は「カンピロバクター食中毒」で、
原因はたぶん、
土曜の夜に食べた炙りレバー(牛)。

奥さんと一緒に行った焼肉屋で
ほぼ生なのを「美味しい美味しい」と
食べた結果、夫婦そろって地獄絵図。
自業自得。

レバーを食べてから4日。
カンピロバクターは潜伏期間2~7日だから、
きっとそういうことなんだと思う。

8年ぶり3度目のカンピロバクター食中毒。
食中毒に広げれば4度目。

1回目は2004年10月、
とろとろ卵のオムライスでサルモネラ。

2回目は2008年5月、
生の鶏肉レバーでカンピロバクター。

3回目は2009年2月、
生の鶏肉ささみでカンピロバクター。

そして今回、2017年4月、
生の牛肉レバーでカンピロバクター。

この冬、風邪をひかなかったのに、
食中毒になるとか…油断が悔しすぎる…。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。