2017 ルヴァン杯第6節 当然の結果

Jリーグルヴァン杯第6節、
清水はアウェイで大宮と対戦し、0-4で敗れた。

ルヴァン杯5試合連続の
ターンオーバーで臨んだ試合は、
危ういディフェンスラインと、
かみ合わない攻撃で、見るべきものはなく。

失点を重ねて、 ルヴァン杯5連敗。
消化試合は栄養にもならなかった。

0-4は、なるべくしてなった。

リーグ戦のスタメンをもとにして、
それ以外の選手で組みましたというだけ。

戦術的な意図は感じられず、
単に試合勘をなくさないための起用。

次の試合まで中2日だから、
これはこれで正しいわけだし、
消化試合だからいいんだけれど、
毒にも薬にもならない試合。

前にも書いたように、
リーグとルヴァンを完全に分けるから、
チームに競争が生まることがなく、
AチームもBチームもぬるくなってる気が。

どっちも自動的に試合へ出られる環境、
そしてBチームはリーグ戦へ
スタメンで絡めないだろうという推測が、
チーム内での微妙なぬるい空気を
生んでいないだろうか。

これで、リーグ戦含めて公式戦10戦勝ちなし。

ブレるチームじゃないとは思うけど、
結果が出ないと、崩れるのが怖い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。