2017 J1 第26節 切り替えて次の試合からが大事!

J1第26節、清水はホームで
川崎と対戦し、0-3で敗れた。

ACLから中2日の川崎相手に、
前半から押し込まれ、早々と2失点。
清水はパスを回されまくった結果、
川崎より先に走れなくなり、攻撃に迫力なし。

何もさせてもらえない完敗だった。

上位に負けるのは、仕方ない。
相手に勝ち点3を与えることを考えると、
下位に負けるよりダメージは少ない。

ただ、負け方が酷すぎた。

選手個々の能力の差はあった。
でも内容には、それ以上の差があった。

結果論ではあるけれど、
松原の出場停止で右の鎌田を左に移し、
右には村松を久しぶりに先発させたことが、
裏目に出たんじゃないかと思う。

急造の縦関係は、攻撃でも守備でも合わず、
サイドハーフが攻撃も守備も中途半端になり、
全体のバランスは大きく崩れた。

1回1回のプレーで判断が必要になるから、
清水の選手たちはプレーが一瞬遅れるわけで、

清水がボールを持てば、
組織が完成している川崎に寄せられてしまうし、
逆に川崎がボールを持てば、
清水は後手を踏んで、パス回しについていけない。

ケガと出場停止で苦しいやりくりの中、
結果的に、悪手を打ってしまった。

ここからリーグ戦は、下位グループとの戦いだらけになる。

特に大事になるのが、
次節の広島、その次の大宮という、
降格圏付近に沈む2チームとの連戦。

この2試合を最低でも2分けにして、
絶対に勝ち点3を与えないことが重要。
1勝1分けなら残留争いから脱出できる。

今日、ケガから復帰して20分だけ出場したチアゴは、
持ちすぎる悪癖が目についたとはいえ、
キックの破壊力は抜群で、スペシャルな存在だった。

そこへ、テセも戻ってくる。
コンディションがまだ分からないけれど、
相手に個で勝てる存在が増えるのはプラス材料。

もちろん左サイドには、
松原が出場停止から戻ってくる。

連係も個も、この試合よりは高まるはず。
この試合が底で、ここから上がってくれるんじゃないかと。

という希望。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。