ウラジオストク 10月の氷点下2kmラン

ロシア・ウラジオストク時間の
7:14から走りました。(日本では6:14)

▼GPS時計による記録
走行距離:2.00km
走行時間:9分51秒
平均ペース:4分55秒/km


※「tenki.jp」より

ウラジオストク極寒トレ。
東京マラソンより寒い、0℃を下回る気温。

しかも風速10メートル近い強風、
さらに海沿いで風を遮るものはなく。

修行のようなランニングだった。
修行僧ならぬ修行走。

どんなとこを走ったかというと…


中心部の北西・海沿いを走るコース


日の出は7:34。まだ街頭の灯りがともる暗い中でスタート


水の出てない噴水回りを一周


誰もスポーツをしていないスポーツ湾を、ひとり占め


誰もいない小さな遊園地(公園)の横を通り


海から吹きすさぶ寒風に、自然と涙がにじむ


この道のずっと先の突き当たりを折り返す


折り返すと左手には、市民プールの横を通り、店がいくつか


要塞博物館へと上る階段の脇を通り


水族館の横を通って東へとゆるやかに曲がっていくと


小さな遊園地の北側の入り口があり


サッカーロシア2部「FCルチ・エネルギア・ウラジオストク」の
本拠地「ディナモ・スタジアム」の北側を通る


ディナモ・スタジアムに沿って右へと曲がる


スタジアム東側ゲートの横を通過


朝7時半、バーでまだ飲んでるガタイのいい男たちを尻目に


ホテルへと戻る最後の上り坂でラストスパート


アドミララ・フォキナ通りの横を通って


宿泊しているヴェルサイユ・ホテルに戻るという2kmでした

極寒の日の出前、薄明かりが射し始めたとはいえ、
走っている人は1人もいなかった。

スポーツ湾でスポーツをしていたのは、
ウォーキングをしてるっぽい老夫婦が1組いた程度。

でもウラジオ中心部で走るとしたら、
広いこのコースなんじゃないかと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。