2018 J1 第22節 決めきれず3連敗

J1第22節、清水はアウェイで
C大阪と戦い、1-3で敗れた。

全体的にお互いクオリティは高くなく、
清水は特にフィニッシュの精度に問題があり、
チャンスを生かせず得点が遠かった。

そんな試合でしっかり決めたセレッソが勝ち、
清水は3連勝からの3連敗となってしまった。

3失点したとはいえ、
守備が破綻していたわけじゃない。
これまでとさほど変わらない。

ある程度の時間帯は、全体が組織的に守り、
速い寄せをして相手の自由を奪えていた。

ただ、ソウザに決められた2点目のように、
後ろから入ってくる選手を捕まえられないという、
川崎戦でもやられた形は、改善しなきゃならない。

相手のミスに助けられるシーンも、
まだまだ多くて、脆さは感じた。

でも3失点と3連敗で、深刻になる必要はない。

深刻さでいえば、清水が敗れた原因のひとつ、
北川が何度も外していたことの方が深刻。

カウンターから決めきることで、
清水は今の攻撃を成り立たせているわけで、
決めきれなければ、負けてしまう。

決めきれないと、攻撃のリズムも悪くなり、
逆に相手が決めきれば、相手のリズムが良くなり、
マークもどんどんズレて、守備が悪くなる。

北川はここを乗り越えると、
もうひとつ高みへいけそうなだけに、
自分で乗り越えさせるのか、
控えに置いてリフレッシュさせるのか、
ヨンソン監督の心理的なマネジメント力に期待したい。

どっちも正しいだけに難しい。
まあもっと深刻なのは、松原だけども…。

で、北川の扱いにも関わってくるのが、
次の試合はフレイレがイエロー4枚で出場停止になること。

ドウグラスに脳震盪の影響がなければ、
外国人枠の関係もあってベンチ入りさせられなかった
クリスランとドウグラスの2トップも可能になる。

そしてどんなスタメンになっても、
北川を含めた3人のうち誰かを控えに置けるから、
交代カードを積極的に切れる。

今は前線に蹴り出すだけのサッカーじゃないだけに、
かなりの破壊力をもたらしてくれるんじゃないか。

ちなみにディフェンスラインの守備は
ソッコが成り立たせているし、
チーム全体のディフェンス意識が高いから、
フレイレがいなくても、それほど影響はないと思う。

3連敗で下位との差が詰まってきたけれど、
前より明らかに組織的に動けているから、
どこかで勝ち点はついてくる気はする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。