東京マラソン2日後 こみあげる悔しさ

東京マラソン翌日の昨日から、
悔しさがどんどん増している。

昨日、ももの表も裏も、スネもふくらはぎも、
ふくらはぎでは腓腹筋もヒラメ筋も、
そして寒さでこわばってた腕や肩も筋肉痛に。

ただ、去年と比べると痛みは軽かった。
立ったり座ったりで痛いんだけども、
動けないレベルの去年とは違った。
膝とか関節の痛みも、ほとんどない。
お尻の筋肉・大殿筋にいたっては、無痛。

大会当日、フィニッシュ直後も去年と違った。
去年は手荷物を受け取るまで1歩ごとつりそうだったのが、
今年はつりそうになることはなく。

帰りの電車も、去年は階段を下りるとき、
1段ずつゆっくりじゃないとダメだったのが、
今年は痛みがあるものの、普通の人くらいの歩きはできた。

そんなダメージの軽さを感じるたび、
今年への後悔と、悔しさがこみ上げる。

走ってる最中の苦しさを忘れていくごとに、
悔しさの割合がどんどん増えていく。

全力を出し切れなかった悔しさ。
タイムを大きく落とした悔しさ。

極寒で厳しい環境だったとはいえ、
去年より10分もタイムを落としたのは、
練習で足をつったり、大失速したことで、
全力を出し切って走ることにビビったから。

全力を出し切ることが、怖くなっていた。

実際、ペースを落としたから、
大きく失速せずに完走できたのかもしれない。
全力を出してたら、足はつってたかもしれない。

でも、余力があった事実が悔しい。
悔しくて、東京マラソンの余韻に浸りたくないくらい。
写真がアップされるのも、ワクワクしない。

早くランニングを再開したい。

フルマラソンの大会を走りたい気持ちは、
順調にタイムが伸びてるときよりも、今が一番強い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。