2019 ルヴァン杯第2節 小回復

2019Jリーグルヴァン杯第2節、
清水はホームで磐田と対戦し、1-0で勝利した。

相手のミスから滝がリーグ戦含めて
公式戦3ゴール目を決め、今シーズン公式戦初勝利。

内容は、相変わらず悪かったものの、
ホッとする辛勝だった。

相手がチャンスで決めきれなかったから
救われたようなもので、危険な場面は多々あった。

札幌は決定力があり、磐田は決定力がなかったという違いで、
なんとか勝てたようなもので、
清水は相変わらず大小さまざまなミスが多く、
リズムが作れない時間帯が長かった。

ただ、1勝できたことは大きい。

これまで自信のなさがミスを呼び、
ミスでまた自信をなくす悪循環。
全体をコンパクトに保つこともできず、
チーム全体での守備が崩壊し、大量失点が続いていた。

そんな中での無失点勝利。
内容に満足している選手はいないと思うから、
反撃の狼煙を上げたとまでは言いにくい。

でも、自信を失い続けなくて済んだのは大きい。

瀕死の状態から全回復はしてないけど、
小回復をして少し戦えるようになったというか、
毒状態から回復したというか。

今シーズン、システムも選手もコロコロ変わり、
選手たちが不安を抱えていただろう中で、
今は勝利が必要だったと思う。

内容部分でも、ただ悪かっただけじゃなく、
改善点もあった。

選手同士の距離感がいい時間帯は、
これまでよりは少し長かったように思う。

あと前線のテセに収まるだけで、
チーム全体に余裕が生まれるし、
後ろでボールを持ったときに苦しければ、
とりあえずテセめがけて蹴る選択肢もできた。

後ろからつなぐ完成度がまだ高くない中で、
収まる選手はかなりありがたいはず。
競り合ってくれるだけでも助かる。

ドウグラス復帰までの間、
コンディションが上がっているテセは、
リーグ戦でも頼りになるんじゃないだろうか。

あとエウシーニョとヘナトは、
やっぱり能力が高いことを再確認。
チーム戦術にフィットし、周りとの連係が良くなれば
確実に戦力になりそうだから、あと少しの辛抱。

そして滝は、チームに勢いをもたらす明るい材料。
自信を持ってプレーしている雰囲気は、
今のチームに足りない要素。

ミスを恐れないことで、ミスは減る。
次のリーグ戦、チーム全体が積極的なメンタルで臨めたら、
今日の勝利は大きな意味を持つことになる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。