2019 J1 第28節 このまま勝ったり負けたりで

J1第28節、清水はアウェイで
浦和と対戦し、1-2で敗れた。

きっちり守り、早い時間帯に得点を決め、
清水にとっては勝ちパターンだったものの、
重心が守備に偏り過ぎ、前半ATには簡単に失点。

少ないチャンスを決めきれないうちに逆転を許して敗北。
残留争いからは抜け出せていない。

また清水の悪い部分が出た。

前半アディショナルタイム、
キープか攻撃をやり切る時間帯に、
前線でドウグラスがイチかバチかのヒールパス。

軽いボールの失い方をすると、
そこから簡単に運ばれて、誰も寄せられずフリーでクロス、
ゴール前ではソッコが簡単に前に入られて失点。

いつもの安い失点をしてしまった。
消費税が上がっても、失点は安いまま。

ただ、良くも悪くも内容はここ数試合同じ。

相手との相性の差や、能力や状態の差で
勝敗が決まってるだけで、
清水の状態は良くなったわけでもなく、
悪くなったわけでもない。

だからここからも、たぶん勝ったり負けたりを
繰り返していくんじゃないかと思う。

残留のためなら、勝てる相手に勝てればいい。
全勝する必要はないわけで、
同じ戦い方で、勝ちを拾えればそれでいい。

今の戦い方でやっていけば大丈夫だと思う。
というか、それしか方法はない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。