WBSSバンタム級決勝 井上尚弥を応援する人が増えただろう試合

昨日、ボクシングの世界一を決めるWBSS、
バンタム級決勝で、井上尚弥がドネアに判定勝ち。

井上がバンタム級の世界一に輝いた。

KO勝利確実と言われていた井上が
判定勝ちだったにもかかわらず、
井上の評価を高めた試合だったと思う。

それは井上が2回にドネアのパンチを浴び、
右目の上をカットしたことで、
「ドネアが二重に見える」という難しい試合を、
巧みに操って勝利しただけじゃない。

パンチを浴びず早期KO勝ちが多かった井上が、
打たれても強く、12回まで戦えるボクサーだったことに、
底知れぬ強さを感じただけじゃない。

井上がパンチを浴び、壮絶な打ち合いになったことで、
応援したくなる存在になった試合だった。

これまで完璧で、負ける雰囲気すらない井上は、
応援しなくても勝てる存在だった。

性格としても完璧で、爽やかで、いいパパで、
ボクシングに人間模様や反骨心、泥臭さを期待する人には、
面白みに欠ける存在でもあったと思う。

そんな井上が初めて見せる「壮絶な戦い」や、
必死の形相、血を流して戦う姿、負けるかもしれない様子に、
ボクサーとしての魅力を初めて感じた人も
多かったんじゃないかと思った。

僕もこれまでは「何回でKOするかな?」と、
どれだけスゴいものを見せてくれるのかを
期待する思いで見ていたけれど、
この試合は、初めて応援に力がこもった。

人を惹きつける試合。
次も応援したくなる試合。

最高の判定勝ちだったと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。