サッカー中継の副音声

サッカー日本代表が出場している、
“東アジア最強を決める”といううたい文句の、
「E-1サッカー選手権」(たいした大会じゃない)。

国内組だけの日本代表が輝けず、
つまらない試合を展開し、
森保監督の指導力が疑問視される中。

輝いていたのは、
韓国戦で副音声を担当したローランドとJOY。

主音声では通常の実況解説で、
どうしても言いたいことにストッパーがかかり、
気を遣った表現になってしまう中…

日本代表の不甲斐ない出来に対して、
サッカーファンの気持ちを代弁するかのように、
指摘すべき言いたいことは、きっちり言っていた。

負けているうえにつまらない試合は、
こういう素直な副音声が、楽しくなる。

サッカー好きの仲間と一緒に見てる感じが、楽しい。

副音声はこれまで、サッカー好きタレントが出て、
雑談しながらワイワイやってたりして、
サッカー好きじゃなくても楽しめるようにと、
使われていたのが多かったように思う。

使い方は、そうじゃなかった。
サッカー好きを満足させるのが、副音声かもしれない。

見ていてつまらなくて苦痛な試合も、
ストレスが緩和される。楽しさに変わることすらある。

ローランドだからこそ面白かったのはありつつ、
副音声の主流は、こうなってくんだろうなと思った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。