コロナ禍の美容室で

通っている個人経営の美容室へ。

コロナ禍で4席のうち1席しか使わず、
同時に店内にいる客は1人だけ。

そんな状況で、アシスタント2人に店を辞めてもらい、
すべてを美容師1人がやりくりしている。

アシスタントの1人は、
もともと働いていた別の業界に転職した。

美容師は
「彼は辞めて良かったのかもしれない」と言った。

アシスタントをやりながら、
美容師として働くこともできたはずが、
客を呼ぶことはなく、アシスタント止まり。

人脈がありながら「ぜひ来てください」の営業ができず、
ここ数年でカットの回数は数えるほど。

ペーパードライバーの運転以上に、
カット技術は錆び、美容師として行き詰っていたらしい。

コロナ禍は、基本的に悪いことだらけで、
アシスタントが店を辞めたのも残念だったと思う。

ただ、自分がやりたいことを本気でやっているか、
目標へ向けて自分ができることをやっているか、
正しい努力ができているか、
自分の弱い部分を気付かせてくれる。

中途半端にやっていることを、諦めさせてくれる。

諦めない美学もあるし、
その先に成功があったりもする。

ただ、その先に幸せがあるとは限らなくて、
成功があったとしてそれは偶然の割合が大きくて、
「好きなことをして生きる」という理想では生きられない。

美容師が言った
「彼は辞めて良かったのかもしれない」
という言葉は、辞めさせたことを正当化したわけじゃなく、
実際そうなんだろうと思った。

コロナ禍の美容室で、少し考えさせられた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。