2021 J1 第5節 守備ができるだけでもよしとして

J1第5節、清水はアウェイで
広島と対戦し、0-1で敗れた。

清水はいつものように連動した守備で、
相手を自由にさせなかったものの、
やや弱いセットプレーから失点。

攻撃では、試合の入りこそ、
ボールが繋がる気配があったものの、
しばらくするといつものように、
持てず、運べず、つながらずの無失点。

中2日のアウェイという厳しい日程もあり、
動きも悪くて個で違いを出せず、
勝ち点を積み上げられなかった。

前節、前々節と同じように、
ずっと相手ターンで試合が進んだ。

それでしょうがない、という段階。

そもそも守備から構築したうえに、
リーグ戦が週2試合続いていることで、
攻撃は個に頼ってる状態なんだと思う。

なんとか無失点でしのげれば、
勝つか引き分けるかは分からないけど、
勝ち点は持って帰れるという状況。

守備はある程度、できることが分かった。
それだけでも今の段階では大きい。

練習で、守備の修正はそこまで必要なく、
攻撃にしっかり手を付けられることは分かった。

一方でボールを持つと、
ボールを取られた場合に気を遣うあまり、
まだ判断スピードが遅いように見える。

相手がプレッシャーをかけてきたら、
リスクのあるプレーを選択できない。

ワンタッチでのパスが少なくて、
パスしてトラップを繰り返してしまうのも、
相手がいる中で、味方がどう動くのか、
まだ探したり、判断するのに時間がかかっている。

後半の失点後、広島が少し手を緩めたのか、
疲れが少し出てきたのか、
相手のプレッシャーやスライドが弱まった時間帯に、
ワンタッチパスが繋がったりしたのを見ると、
普段は繋ごうとして、繋げていないんだろうなと思う。

それができるようになるまでには、
もう少しかかるように思う。

ただ、鳥栖と広島というここ2試合は、
動きが整理されている難しい相手。

今後、プレッシャーのかけ方にスキがあるチームや、
連係がうまくいっていないチームには、
今の状態でも、ボールはもっと繋がると思う。

そんなことを考えると、
ここからしばらくは、勝てる試合もあると思う。

今は相手の不出来に期待するしかないけれど、
少しずつ、意図した攻撃ができるようになればと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。