パラリンピックと視聴率

日曜日に閉幕した東京パラリンピック。

開会式や閉会式の視聴率がニュースになったけど、
各競技の視聴率は、あまり情報として出ていない。

そもそも競技を放送したのがほとんどNHKだから、
視聴率関係ないんだけど。

パラリンピックの視聴率は、
オリンピックと比べると、もちろん低い。
世の中の関心度はオリンピックよりだいぶ低い。

特に若い世代の視聴率が低くて、
ゴールデンでも通常の番組とあまり変わらない。

ほぼNHKでしか中継されていないから、
お祭り感がないこと。

そもそも世の中は、パラリンピックに
オリンピックほどの興味を持っていないこと。

でもパラリンピックの競技人口や
スポーツの純粋なレベルを考えれば、
このくらいの数字で妥当かなと思う。

パラスポーツにはパラスポーツの楽しさはあるけれど、
多くのオリンピック競技で男女のレベル差があるように、
見ていて退屈なことも、それなりにあるわけで。

そう考えると、車いすバスケとか、ボッチャ決勝とか、
ゴールデンで通常の番組くらいの数字なのが、
十分スゴいことではあると思う。

民放の番組でも、パラリンピック前や大会中に、
パラアスリートをたくさん取り上げていたわけで、
これまでになかった大会だったと思う。

3年後のパリで、どこまでパラスポーツが盛り上がるのか。
そしていつか、オリンピックと統合するのか。

近づいたけど、まだまだかなとも思った。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。