東京マラソン2021の延期発表

9月30日までの緊急事態宣言延長で、
開催の可否が検討されていた東京マラソン2021。

10月17日に開催予定だった大会の「延期」が発表された。

【東京マラソン2021】
2021年10月17日開催⇒2022年3月6日に延期
・延期大会に出走する人は出走権持越し、返金・追加支払いなし
・延期大会に出走しない人は全額返金(事務&返金手数料 計320円を差し引いた金額)
・10月中をめどにどちらにするか意思確認

【東京マラソン2022】
2022年3月6日開催⇒中止
・10月中をめどに出走する大会を案内

元の規約にはこうあった。

●新型コロナウイルスの感染拡大により、
 大会開催1カ月前以降(9月17日以降)に
 緊急事態宣言が発せられている場合や
 自治体からの開催自粛要請が発せられている場合は大会中止

●7月18日~9月17日に新型コロナの影響で中止になれば、
 参加料の20%が返金(PCR検査費は全額返金)され、
 東京マラソン2023に権利移行(2023の参加料は再度支払う)

つまり「中止」ではなく「延期」という発表になり、
走るのをやめたい人は20%返金が全額返金に、
走りたい人は追加費用なしで次回大会に出走可能に。

希望すれば全額返金される対応が、すべてかと。
前回の「返金なし」対応で相当な批判を浴びたんだと思う。

今回出走権を持っていた人で、
規約と違うじゃねーか!って言う人はまずいない、
文句ない対応になった。クレームの余地もない。

半年後の大会へ向けて、
また走らなきゃいけなくなったけど。

新型コロナ対策の方針がきっと変わって、
大規模イベントを開催しやすくなりそうとはいえ、
次も開催される保証はないけれど。

そんな文句は、文句じゃない。

で、大会は半年後に。
面倒なことになった。

中止で大会は1年半後になるからと、
トレーニングをやめて、緩く走ろうと思ってた矢先。
半年後にフルマラソンと思うと、そんなに落とせない。

来年3月は新型コロナ対策のフェーズが変わり、
多くの人がワクチンを打っている状況で、
たぶん大規模イベントは行われる。

一方で、新たな変異株などの脅威はあって、
また大会ができない可能性もある。
開催されるか分からない大会へ向けて、
たくさん走らないといけないという辛さが続く。

走らないといけない程度の文句は、
言ってる場合じゃない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。