2019 J1 第29節 同じ負け方

J1第29節、清水はホームで
広島と対戦し、1-2で敗れた。

きっちり守り、早い時間帯に得点を決め、
清水にとっては勝ちパターンだったものの、
重心が守備に偏り過ぎて失点すると…

少ないチャンスを決めきれないうちに逆転を許して敗れた。

…って前節とほぼ一緒。
残留争いから抜け出せずにいる。

前節と同じで、先制すると気持ちが守りに入るのか、
あらゆるプレーが消極的になる。

パスがつながらず、プレーの精度が低く、
プレスもかからず、ボールを運ばれるとズルズル下がり、
相手のやりたい放題、やられてばっかり。

こうやって勝ったり負けたりで、
今シーズンはしのげるんだろうけれど、
希望の見えない戦いは、失望感が大きく、
ホームスタジアムへの足を遠のかせてしまうのが心配。

何がしたいのか分からない戦いは、
ストレスがたまるだけ。

守ってどうカウンターにつなげるのか、
戦術ドウグラスが封じられたときどう打開するのか、
守備がハマらなくなったときどう守るのか、
あまりにも無策に見えて、ワクワク感がない。

準備していた通りのことをやって、
うまくハマれば勝ち、うまくハマらなければ負ける。

ハマらなかったときにどうするか、
ピッチ内での修正ができていないのか、
準備が足りていないのか。

何度監督が代わっても、うまくいかないわけで、
「チームが若いから」と言い続けて、
それなりに中堅どころが多いチームになってもまだ、
同じ問題を抱え続けている。

リーグ戦、残り5試合。

ハマりやすいはずの相手が多いわけで、
自信を持って、余裕を持って、
柔軟な戦い方を見せてほしいと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。