東京五輪 サッカー男子 未来へ

東京オリンピックのサッカー男子準決勝、
日本はスペインに延長戦で敗れ、
3位決定戦へ進むことになった。

大会前の親善試合とは全く違う、
本物のスペインはやっぱり強かったけど、
日本は手も足も出ず防戦一方、という印象はなかった。

1996年アトランタオリンピックで
ブラジルに勝った「マイアミの奇跡」とは違う、
神懸かっていたわけじゃない堅い守り。

スペインにボールを持たれ、
ゴールに迫られてはいたけれど、
しっかり寄せてクロスやシュートをブロックし、
スペインに完全に崩された場面は多くなかった。

だからこそ、スペインのオーバーエイジ、
アセンシオの左足に沈められたあの一瞬、
スローインからのほんのわずかなスキが悔やまれるけど。

スペインにはまだまだ敵わない、
そう思わされたのも事実ではありつつ、
敵わない相手じゃないとも思えた。

サッカーという競技が、
単なる実力差だけでは決まらない、
番狂わせが多いスポーツだからこそ、
余計にそう思えた、めちゃめちゃいい試合だった。

攻撃面は疲労もあってうまくいってなかったけど、
ときどきうまくいっていた後ろからのつなぎ、
久保や堂安が見せたさすがの実力など、
通用する部分は見えた。

A代表を率いる森保監督のチームとは思えない、
相手ゴールへ迫るボール回しに、
選手個々の能力の高さも十分、分かった。

今大会の個人視聴率を見ると、
サッカーは他の競技と比べて全年齢での高さが特徴的で、
中でも4歳~12歳のキッズ層が、他より高い。
高視聴率なだけじゃなく、ここまでバランスのいい競技は他にはない。

サッカーの面白さ、楽しさ、日本代表への期待感、
それを感じた次の世代が、きっとまた新たな歴史を作る。

決勝には手が届かなかったけれど、
この大会で手に入れたものは大きかったと思う。

そして、まだ3位決定戦がある。

銅メダルという結果を得ることで、
1968年メキシコ大会銅メダルという、
歴史を紐解く必要のない、
実感ある目標設定が、この先できるようになる。

日本でサッカーをする選手や子どもたちの自信になる。

次は2試合連続120分、中2日のあとの試合。
もうメダルはいいからありがとう、という気持ちもあるけれど、
未来へつなぐ銅メダルをとってほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。