2020 J1 第14節 網が粗い

J1第14節、清水はホームで
柏と対戦し、1-2で敗れた。

柏は絶対的得点源のオルンガを休ませ、
しかも中2日の戦い。清水は中6日。

ところが清水は前半、柏に試合を支配され、
今日も寄せの甘さが出て2失点。
柏の運動量が落ちた後半に攻勢に転じたものの、
1点を返すにとどまり敗戦。

5戦負けなしのあとの4連敗となった。

前半の2失点は、とにかく酷かった。

ボールを持った柏の選手に寄せようとせず、
フリーの状態のままボールを運ばれ、
精度の高いクロスやシュートが飛んでいた。

この問題はずっと抱えていて、
今は立て直しの最中なんだろうけど、
いくらなんでも相手にとってイージーすぎる。

それと関係して、全体の距離感も悪い。

柏の前半のように、相手がしっかり寄せてきたとき、
ボールを預ける選手がいないから、
ボールを運ぶことができない。

相手ボールになったときには寄せるのが遅れ、
セカンドボールに触るのも遅れてしまう。

目が粗い網だから、どんどんすり抜けてしまう。

一時期、早く寄せてくる相手にも、
うまくかいくぐって、前に運べるシーンが増えていたけど、
また元に戻ってしまったような感じ。

自信のなさなのか、うまくいかないことで、
かいくぐり方を見失っているのか、
一方的にやられ続ける状態が続いている。

今日の柏は、中2日で後半に運動量が落ちたからか、
寄せがどのくらいか遅くなって、
清水はボールを運べるようになったから、
川崎戦のような惨劇は避けられたけど、かなり危うい。

前線から寄せてくる相手にどう戦うか、
味方同士の距離感を改善しないと、
長い目で見たときの成長も期待できない。

今日から週2試合ペースでリーグ戦7連戦という、
今シーズン最も厳しい過密スケジュールが始まった。

回復に努める中でどれだけ改善できるのか、
さらに固定されがちな選手のやりくりをどうするのか、
監督の手腕を発揮してほしいと思う。

体力的に相手も厳しいだろうから、
寄せが遅くなれば、清水は戦いやすくなるかもしれないけど、
この連戦をしのぐことが目標じゃない。

この連戦で、完成度を高めてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。