マッサマンカレー(松屋)

牛丼の松屋でテイクアウトした、タイカレー。

マッサマンカレー
(松屋/価格税込730円)

2月2日の今日から販売されている、
牛丼の松屋のマッサマンカレー。

なぜ今、マッサマン?

マッサマンが話題になったのは、数年前。
2011年にCNN Goで「世界一美味しい料理」と評されたあと、
グリーンカレー人気の次を狙ったのか、
マッサマンがよく商品化されていたけれど。

だいぶ経った2021年、
そのときの「世界一美味しい料理」といううたい文句で、
新たに商品化されたという不思議。

とか文句じみたことを考えながら、
発売日当日の昼に!喜び勇んで食べた。

香りも味も、なんとなくマッサマン程度。
日本人の口に合わせたんだろうけど、
まろやかさが足りず、中途半端な味わいに。

辛さは、公式サイトで「やや辛い」とあるけど、
ほとんど辛くなく、辛さでひるむ必要なし。

具は唐揚げ用くらいの大きな鶏肉と、
皮つきフライドポテト用のじゃがいも。

で、この具の味がひどくて…
鶏肉もポテトも、カレーの味が
染みこんでるタイプじゃなかった。

鶏肉は別で焼いたのか、まったく別の味。
フライドポテトも、付け合わせみたいな感じ。

松屋だからしょうがないんだけど、
730円で出す味じゃないとは思った。

ちなみに、なんでもニンニク味にする
松屋の伝統芸が影を潜めていたのは良かったけど。

300円台レトルトの方が遥かに美味しい、
松屋のマッサマンカレー。

なぜこの時期に、この味で勝負したのか。
なかなか謎な新商品だった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。