2021 J1 第4節 特殊な事情と発展途上

J1第4節、清水はホームで
鳥栖と対戦し、0-0で引き分けた。

鳥栖は3試合連続無失点で3連勝。
清水は今勢いがあって堅いチームを相手に、
その通りの守って耐える試合を展開。

引いて連動する守備と、守護神・権田の好セーブなど
鳥栖の攻撃をギリギリのところで耐え抜き、
リーグ戦4試合目にして初の無失点。

攻撃は相変わらず何もできなかったものの、
なんとか勝ち点1を収めることができた。

今シーズン初めて3バックで臨み、
戦術を熟知し全試合出場の左SB・片山がケガで欠場、
さらにケガから復帰のヘナトが初スタメンなど、
大きく状況が変わった中での試合は、
今まで以上に、守備に気を遣う試合になった。

公式記録で、清水のシュートはわずか1本。
ボールもほとんどキープできなかった試合で、
勝ち点1をとれたことは十分だったと思う。

スタジアムで観戦した人にとっては、
相当つまらない試合だっただろうから、
早く今の状況から、次の段階へ行けるといいけれど。

ボールをまったく保持できず、
相手へ前線からプレスしてもうまく連動できず
ボールを奪うことができない試合。

相手の前線からのプレスを受けて
最終ラインで回させられ、
右サイドの立田までボールを追いやられたところで
厳しくプレスをかけられ、前線に蹴り出しては、
キープできず相手ボールになる繰り返し。

どれも相手がうまかったのもあるけれど、
清水がまだまだ発展途上だと思い知った90分間。

今日はちょっと特殊な状況の試合で、
攻守とも、これまで以上に完成度が低かった。

その中でキープできた勝ち点1は、
とりあえず良しとして、成長に期待できればと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。