ランニングのふくらはぎ痛対策

16:44から走りました。

▼GPS時計による記録
走行距離:6.27km
走行時間:30分37秒
平均ペース:4分53秒/km
平均心拍数:153 bpm
最大心拍数:170 bpm

バーチャルマラソン以降、
左ふくらはぎの腓腹筋が痛んでいて。

というのも、走り方がヘタクソだから、
ふくらはぎで前へ進もうとする癖があって、
これまでも大会へ向けて走り込んでるうちに、
かなり張って痛みが出ていた。

今回はバーチャルマラソンで、
1週間に42キロ走ったのがきっかけの張り。

ふくらはぎ走りを直そうと決意して数年、
ダイエットするする詐欺と同じで、
直そうとしては気にしなくなるのを繰り返してたけど。

今度こそ本腰になって走り方を改善しようと、
今日はふくらはぎを使わず、
腿をしっかり前へ出してのランニング。

ふくらはぎを使うと痛むから、
痛くないよう走れば、自然と腿が前へ出ている。
どう筋肉を使えているのかが分かりやすい。

そして走ったあとのストレッチが重要らしく、
立ってアキレス腱伸ばし的に腓腹筋を伸ばすのと、
座って膝を抱えてヒラメ筋を伸ばすという、
2つのストレッチをしっかりと。
日常でもときどき伸ばしたり。

という感じで、やるかやらないか分からない、
東京マラソンへ向けて準備。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。