2021 ルヴァン杯 プレーオフステージ第2戦 敗退

2021 JリーグYBCルヴァン杯、
プレーオフステージ第2戦、
清水はアウェイで鹿島に1-2で敗れ、
2戦トータル1-3で敗退が決まった。

3バックでサイドチェンジを多用するという、
鹿島対策がうまくいき、
試合序盤からチャンスシーンを演出、
先制して勝利の匂いはあった。

しかし前半途中、その中心だった中村慶太が
鈴木義宜との衝突で交代を余儀なくされると
(2人とも心配…)
サイドチェンジがうまくいかなくなり攻撃が停滞。

いつものように簡単な失点を許し、
ルヴァン杯敗退が決まった。

やろうとしているサッカーは分かったし、
実際に機能していた。

でも、アクシデントによる交代で
プランがハマらなくなると、
途端に内容が悪くなり、修正できなかった。

臨機応変に戦えないのは、清水の昔からの悪い部分。

ピッチ内でのコミュニケーションが足りないのか、
監督がやろうとするサッカーに従順すぎるのか、
他の攻め手を見いだせないまま時間が過ぎた。

で、自信なさげなプレーが増えて、
プレー精度が低いサッカーが展開されてしまった。

まあ、良くないいつもの清水というか。
今シーズンに限らず。

ちなみに2人が衝突したアクシデントの場面も、
そうした良くない清水が感じられた。

ギリギリのクリアとかで衝突したわけじゃなく、
そこまで無理しなくてもいい場面で、
2人が空中のボールに激しくいってしまった。

外から感じるだけだから、
実情は違うのかもしれないけれど、

・まだ戦術が体に染み込んでいないからか、
 1人1人が無理をしてしまう
・声が出ていないからか、味方に気付けずにいる
・選手同士の信頼がしっかり築けていないからか、
 自分がいかないととがんばってしまう

みたいなことは考えられる。

1人で抱え込み、がんばってしまうのではなく、
もっと話しながら、周りに任せたり、近づいて助けて
戦えないもんかと、外から思ってしまうのだけど…。

つらいシーンだったし、避けられるシーンだったと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。