東京五輪 どの世代が見ていたか

東京五輪の視聴率で、
トップ3は、野球・マラソン男子・サッカー男子に。

そこで、それぞれの年齢・性別ごとの視聴率はどうなのか、
具体的な数字は書けないけど、
最注目された試合の視聴率の傾向として、
何らかの参考になればと。

放送枠の都合上、
試合の全部だったり、一部だったり、
あとネット配信もあるので、参考程度です。

●野球決勝「日本VSアメリカ」 世帯37.0%
(NHK/20:34~91分間)※試合後半
・全世代によく見られている。特に65歳以上男が、
 他の世代と比べてとんでもなく見ている(サッカーの2倍近い)
・50~64歳男もかなり見ている
・4~12歳と20~34歳女は他の世代より見ていない

●マラソン男子 世帯31.4%
(NHK/8:05~93分間)※試合後半
・65歳以上が男女とも、他の世代と比べて圧倒的に見ている
・特に65歳以上女は、野球の約1.3倍、サッカーの約2.2倍の数字
・49歳以下は数字が低く、特に4~12歳と20~34歳男は相当低い

●サッカー男子準決勝「日本VSスペイン」 世帯30.8%
(日テレ/19:40~185分間)※試合全体
・全世代によく見られている。特に4~12歳の数字が他の層と遜色なく、
 野球の約1.7倍、マラソンの約5.0倍
・13~49歳も、男女とも各層すべて野球・マラソンより高い
 (20~34歳男・35~49歳男は野球と僅差)
・65歳以上は男女とも伸びず、他の世代と数字はそこまで変わらない

こうした興味を、国内スポーツへつなげていけたら…と、
毎回思うわけだけど、難しい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。