2021 天皇杯ラウンド16 新戦力

天皇杯ラウンド16、清水はアイスタで
川崎フロンターレと対戦し、1-2で敗退した。

両チームとも、リーグ戦から大幅にメンバーを
入れ替えて臨んだ試合は、
メンバーがどうあろうと、もちろん川崎ペース。

いつものように清水はボールを持たれ、
耐える時間帯が長く、必然的に失点した。

清水は完全にリーグ戦に集中する形で、
控えメンバーにリーグ戦のレギュラーを入れず、
リーグ戦に出場しているメンバーは、
疲労が溜まらないよう時間で区切って交代。

新戦力のホナウド・コロリや、
ケガから復帰の中村慶太を試運転させ、
来シーズンの加入が決まった高校3年の菊池も試した。

その相手が川崎という贅沢過ぎるテストは、
収穫もそれなりにあったと思う。

左右へ大きく展開したり、ダイレクトでパスを回しながら、
前へ運べたシーンが何度かあった。
川崎からすれば普通のことなんだけど、
苦し紛れに蹴るだけのサッカーが多かった清水で、
今日はいつもよりも意図を持って攻撃を仕掛けられた。

その一翼を担っていたのが、ホナウド・コロリの新戦力。
特にボランチのホナウドは展開力にも優れ、
ダイレクトでシンプルに適切な相手へボールを回せていた。
同じく新戦力で機能している松岡と並ばせるのが楽しみで、
ようやくロティーナ監督がやりたいサッカーが、
見られるようになるかもしれない。

そして発見は高校3年生のセンターバック・菊池。
足元の技術があって、後ろからつなげる現代型。
ミスもあったけど、川崎のプレッシャーにも堂々としたプレーで、
ロティーナ監督の戦い方に合っていた。

高3だからまだ体はできていなさそうで、
もう少し時間は必要そうだけど、
すでにトップチームで十分できそうな雰囲気があった。

あとGKの永井はビッグセーブ連発なうえ、
もちろん足元の技術がしっかりしていて頼もしかった。
正GKが権田じゃなければレギュラーで出られる存在。
控えに永井は贅沢過ぎると、ここ数年の清水を見ていて思った。

天皇杯の敗退という残念な結果だったけど、
なにより大事なのは、リーグ戦でのJ1残留。

そんな状況で、悪くない試合だったと思う。

相手が川崎で諦めがついた、のもある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。