具体性あるものを見せられるとリアルになる

3月6日に開催されるかジャッジが延期された
東京マラソン2021の「参加案内」と、
「アスリートビブス引換証」がメールで届いた。

一気に現実味。

実際は18日に開催判断が行われるまで、
粛々と準備を進めてるだけだから、
開催に傾いてるという証にはならないんだけども。

やるんじゃないかって気持ちにさせられた。

ちょっとワクワクしてしまった。
ワクワクしていいし、ワクワクすることも参加する意義なんだけど、
中止になったときダメージを負いたくないから、
楽しみにしちゃいけないと抑える自分がいた。

とりあえず僕の方も粛々とトレーニングしないといけない。
20km走っておかないといけない。

これは全然ワクワクしない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。