2022 J1第16節 なぜか壊れた

J1第16節、清水はアウェイで
柏と対戦し、1-3で敗れた。

前の試合からガクンと内容が悪くなった清水は、
今日も全体の連動感に乏しく、
ボールを奪うための守備はハマらず、
ボールを持てばパスがズレては戻すの繰り返し。

早い時間帯になんとなく失点し、
なんとなく追加点を奪われていった。
無気力ではないんだけど、
頭が回っていないかのような、ボーっとしたサッカー。

まずい感じになってきた。

前の試合から、明らかに内容が悪くなっている。

守備ではなんでもない場面から簡単に失点し、
攻撃では決定力がなく、今日はゴールの気配も乏しかった。

柏の縦へのスピードに迫力があったとはいえ、
ボールの運び方も忘れたかのような試合。

この2試合、チームがどういうわけか壊れている。

今シーズン、徐々にボールを運べるようになり、
けが人復帰で選手層が厚くなってくれば、
得点力も上がってく気配はあった。

でも、決定的な場面を作る機会は少なく、
決定力もなかなか上がってこず、
集中力が欠如したかのような失点も減らなかった。

それでもボールを運べてはいたんだけど、
ここ2試合は、それすらままならず、おかしくなった。
理由はよく分からないけど、突如内容が悪くなった。

毎年、こんな感じのことが起こる。
最初悪くて、良くなって、でも結果が出ず、また悪くなる。

たぶん繰り返すということは、
理由があるんだろうけど、外からは分からない。
かなり根の深い問題があるとしか思えない。

ここから天皇杯はあるけれど、リーグ戦は3週間開く。

立て直しは、簡単じゃない。
短期的にも、長期的にも。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。