4シーズン連続の監督途中交代というクラブ

5月30日に発表された、
平岡監督の契約解除について。

4シーズン連続で監督が途中交代する異常事態。
毎シーズン、同じような流れで、監督が交代する。

シーズン序盤、戦術が浸透せず勝ち点をとれず、
試合を重ねていく中で内容が向上してくるものの、
思うように勝ち点を積めず下位に低迷。
何かをきっかけに選手たちが自信を失ったかのようになり、
内容が急激に悪化、立ち直れなくなり監督を変える決断が下される。

この2試合、外から見てもチームが壊れたかのように
内容が悪かったのが、内部的にも回復の可能性が低いと
判断されたんだと思う。

それが例年より早かったかどうかの違い。
今回は昨シーズンからの継続だったからか、
クラブ側がこの現象に慣れたからか、決断が早かった。

じゃあ監督の問題かというと、
いろんな監督が来て、同じことが繰り返されるということは、
監督の問題として片付けにくい。

どんな監督が来ても、選手が入れ替わっても、
成績不振が繰り返されてしまうのは、
別のところに問題があると考える方が自然。

それが何なのかは外部からじゃ分からないけど、
選手全体の真面目すぎる部分だったり、
人間性の良さだったりが、
裏返って悪い方向に出ることもあるわけで、
何かを選手の中で変えなければ、なかなか変わらない。

新体制でうまくいくかは、監督次第じゃなくて選手次第。
選手たちは毎年、変わらないといけないと話すけど、
現実は4シーズン連続の監督交代が起きているわけで。

今度こそと、応援する側は信じるしかないし、信じたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。