正しい言葉は時代で変わるというものの

テレビ番組は、言葉ひとつに厳しい。

例えば…

●「ご冥福をお祈りします」は使わず、
 「お悔やみ申し上げます」と言った方がいい。

仏教の言葉なので、キリスト教の人など
あらゆる宗教の人が見ているテレビで使うのはあんま良くない。
それに、仏教の中でも宗派によっては、
ご冥福を~は使わない。

●「新年あけましておめでとうございます」と言わず
 「あけましておめでとうございます」と言う。

「新年」と「あけまして」の意味が重なっているので、
なるべくなら「新年」を省いた方がいい。

準備段階では、こんな修正が。

けどまあ、出演者はそうしゃべっちゃうし、
訂正する担当の人がスルーすることもあるし、
言葉は時代によって変わるし、
そこまで神経質にならなくてもいいとは思う。

ただ、作っておいたベースになるものは、
正しくするという意識は大事。

教科書は無個性でいい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。