クレジットカード不正使用被害の最終結果

クレジットカードを
不正使用されちゃった件
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました」
「クレジットカード不正使用の被害に遭いました[2]」
クレジットカード不正使用被害の続報の最終結果。

4月から5月にかけて、
イギリスの「ダイソン」のサイトか何かで
クレジットカードを不正使用されて、
5件315,749円を使われていた件。

5月24日にカード会社の
カスタマーセンターに連絡してから、
6月2日までに5件とも支払いがキャンセルされ、
僕は被害を負う必要がないことが確定。

8月6日に「期限内にダイソン社から
回答が得られなかった」という連絡があって、
カード会社が返金交渉をスタート。

返金交渉に3か月かかるということで、
結果待ちの状態だったわけだけど、
その結果が、ようやく出た。

■11/25

返金交渉が成立して、
5件315,749円がカード会社へ
全額返金されたとのこと。

問い合わせから半年、
やっとすべて解決した。

カード会社に返金されたってことは、
犯人が見つかって返金してもらえたか、
ダイソンが被害を負ったかのどっちか。

犯人が見つかることは
なかなか考えにくいから、
ダイソンが被害額を負担したはずで。

こういうときは店の責任になるよなぁ。

海外Wi-Fiレンタル会社が、
クレジットカード情報を
流出させたのがいけないはずなのに。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。